2017年12月26日火曜日

本日の曼荼羅アート

本日の曼荼羅アートです。



ようやく課題もやりおえたので、またマイペースにパステルアートを楽しみたいです♪

2017年12月20日水曜日

れー夢さんから教わるブラッシュアップ講座

年末年始までに仕上げたい課題があるため、パステルアートもご無沙汰しています。

そんななか、もっとパステルアートで表現できるようになりたくて、相模原のれー夢さんからブラッシュアップ講座の「なみなみと消しゴム練習」と「くるりんと奥行表現練習」を受講しました。




自分で描いているときにはなかなか出すことのできなかった色のグラデーションや、女性らしいやわらかい印象のラインの描き方を教えていただきました。
奥行きのある描き方のコツも描いているうちにつかめた気がします。

あとは練習あるのみ!

いろいろと描いてみようと思っています。

まずは課題を終わらせなければ~



2017年12月3日日曜日

本日の曼荼羅アート

年末年始までに仕上げたい課題があるので、ちょっとご無沙汰していました。

本日の曼荼羅アート。



描いているうちにどんどんイメージが変わってきて、できあがったら土色、瓦っぽい
印象になりました。

まだまだ考えすぎてしまうので、失敗を恐れず柔軟に描いていけたらいいな~

2017年11月22日水曜日

本日の曼荼羅アート

本日の曼荼羅アート。


気がついたらまたまた紅葉色。

ランダムに色をおいてなじませていくのが気持ちよかったです。

今の自分には合っているかもと思いました。

2017年11月18日土曜日

銀杏

本日の曼荼羅アート。



曼荼羅といえるのかどうか^^;;


近くの公園の木々が美しく色づいてきました。

そこの銀杏並木はけっこう見ごたえがあります。

公園のうつくしい紅葉をみながら、自然がつくりだす色合いってすばらしいなと
思いました。


2017年11月12日日曜日

紅葉

本日の曼荼羅アート。


紅葉のような色がだせたらいいなと思いながら描きました。

2017年11月11日土曜日

黒のパステル

本日の曼荼羅アート。

五芒星を描きました。




あいかわらず、黒のパステルを使うと影響力が強くてどうなるんだろう~とあせります^^;;

でも、一歩置いて眺めてみると黒のパステルを使わないときよりも模様がひときわ際立ってみえるのが不思議です。

2017年11月8日水曜日

本日の曼荼羅アート




ここ数日どうも気がふさぎがちです。ふ~

調子がよいときも、そうでないときも、ただ受け入れていきたいです。

2017年11月5日日曜日

本日の曼荼羅アート

本日の曼荼羅アート。


れー夢さんの曼荼羅アート発展講座で習ったフラワー・オブ・ライフ。

そのときにみたチャクラの色と合わせたフラワー・オブ・ライフのサンプルを自分でも描いてみたくて今日実行!

描き上げるのでせいいっぱいでした^^;;

2017年11月4日土曜日

本日の曼荼羅アート

今日は行楽日和ですね!トレッキングに行きたい~!


本日の曼荼羅アート


なんだか和風にもみえるような

途中やってしまった~!と焦るところもありましたが、修正してちゃんと仕上げることができました。

やり直しがきくのがパステルアートのよいところですね!

それから、作品を離れた位置からみるとまた印象が変わったりして、曼荼羅アートっておもしろいなといつも思います。

2017年10月29日日曜日

セピア色

本日の曼荼羅アート。


セピア色を使ってみたくて選んだのですが、黒っぽいようなグレーのような色にみえてどうなるんだろう...と思いながら描きすすめていきました。

出来上がって遠目でみると、焦げ茶にも見えるし、セピア色って不思議な色だな~

模様も不思議な感じになりました。


2017年10月28日土曜日

毎回、新しい発見☆

本日の曼荼羅アート。


淡い色合わせで、メリハリのある模様を描くのに消しゴムでいろいろ工夫してみました。

この作品の前にも同じ色合わせで描いていたのですが、模様を描いていてもなんかのらない、、、なんかちがう、、、とやめてしまいました。

でも、気になって再度トライ。

気温や、パステルを紙になじませるときの指先の温度、パステルの固さ、色の組み合わせによっても描きやすい描きにくいがあるのかもな~と思いました。

毎回、新しい発見があります☆

2017年10月25日水曜日

シンプルでいい

本日の曼荼羅アート。



最近、模様を描くときにいつも考えこんでしまうので、今日はテキストの描き方に沿って描いてみました。

そんなに型を使っていないのに、いつのまにか線が折り重なって複雑にみえる模様ができていたのがびっくりでした。

いろいろと難しく考えすぎていたのかも?

自由に描きたいけど、そのためには基本の描き方は大切だなと思ったのと、もっとシンプルでいいんだなと気づかされました。

得ることが多かったです^^

2017年10月21日土曜日

本日の曼荼羅アート。

本日の曼荼羅アート。


やわらかな温かみのある印象の曼荼羅になりました。

模様を描くときに、栗のような丸みをだしたいと思いながら描いていたので、頭の中は栗のことでいっぱい^^

マロンのスイーツが食べたくなりました。
いや、ぜったい食べます。(笑)

後から気が付いたのですが、左側のほうがよく光っているように見えて、
なんだか意味深だな~と眺めていたら、「もっと自由に、もっと柔軟に~」というメッセージを受け取ったような気がしました。

2017年10月15日日曜日

生まれる色

本日の曼荼羅アート。


パステルの色と色をなじませていたら、新しい色が生まれてきたのが楽しかったです!

もうそれだけで充実感^^

模様はシンプルにしました。


以前はヒーリング音楽を聴きながら描いていたのですが、集中できないことに気がついて、音楽はかけずに描きました。

パステルを紙になじませるときのざりざりとしたかすかな音が、いつも聴いているクリスタルボウル演奏のクリスタルボウルを擦る音と似ているなあと思いました。

とても心地よかったです。



2017年10月14日土曜日

移ろいやすいとき

本日の曼荼羅アート。

淡い色合いの曼荼羅アートになりました。

もっとはっきりと濃い色がだせたらいいのですが、淡くなってしまう。

移ろいやすい心情があらわれているのかもしれません。
(技術の問題もあるけど、そこはおいておいて^^)


今、大嶋信頼さんの書籍をよく読んでいて、そのツールを使っています。

一度ネガディブなことを考えだすと止まらなかったのが、言葉を唱えることで、短時間で気持ちを切り替えられる様になり助かっています。

反対に、今までいい人を演じてきて丸くおさまっていたことについても「私がそこまでやる必要あるの?」と感じてきたり、他人からコントロールされているように感じて抵抗感を感じたり、けっこうしんどくなってきています。
今は過敏な感じです。
(そのことについても書籍に書いているのでちょっと安心^^)

でも、そこまで自分は他人に合わせて行動していたんだなと気づきました。
幼い頃からそれが普通だったからわからなかったけど。

ぎこちないけど、どう思われるか怖いけど、自分の言いたいことをいってみるのも大切だなと思うようになりました。
まずは言える範囲からで^^


2017年10月9日月曜日

心がだしてくる色と模様

本日の曼荼羅アート。

今回も心に聴きながら描いてみました。

最初はピンク、イエローのかわいい色合いをイメージしていたのに、描いていくうちに違う雰囲気になりました。あれ~??

これもパステルで描く曼荼羅アートの面白いところですね^^


消しゴムの使い方が難しいな~と感じました。

きれいに描きたいと思うと課題ばかりが目についてしまうけど、その時の自分の心がだしてくる色と模様を大切にしていけるよう心がけたいなと今は思います。

2017年10月7日土曜日

心とつながる


今、大嶋信頼さんの『支配されちゃう人たち』を読んでいます。

まだ十分に読み込んでいないのですが、人と人の脳はネットワークでつながっていて、互いに影響を受けあっているそうです。

思考は自然にわきあがってくるものですが、もしかしたらそれは自分の思いではなくて
他人から受け取ってしまったものかもしれません。

知らず知らずのうちに思考も行動も、他人にコントロールされてしまっているかもしれません。

そう思うと、ちょっと怖いなと思いました。

そんな他人のコントロールから自由になるには、自分の心とつながること。



正直に言うと、私は自分の心とつながることが苦手です。

幼い時から、心の中は自分を叱咤する声でいっぱいでした。

自分をまだ信用しきれていない部分があり、今のところ、心よ!と問いかけてもなかなか応えてくれないような気がしています。

信頼関係を築いていくことが大事なのですね。


ひとつひとつ心に聴いてみたり、一緒に何かをやってみる。

そうして、信頼関係を作り上げていくことが今は大切なのかなと思っています。



今日は、自分の心とつながりたいと思いながら、曼荼羅アートを描きました。



落ち着いた色合いの曼荼羅アートになりました。

描いているときは思わなかったけど、できあがった曼荼羅アートをみていると、心が殻をやぶって出てこようとしているようなイメージがしました。

心が応えてくれているってことなのかな?^^


2017年10月4日水曜日

れー夢さんから教わる曼荼羅アート基礎・応用・発展講座

相模原のれー夢さんから教わる曼荼羅アート基礎・応用・発展講座、2日目。

今回は、フラワー・オブ・ライフと五芒星を描きました。


フラワー・オブ・ライフ、初挑戦!
色に迷ったので、カラーカードを引いて色を選びました。
普段はあえて選ばない色合わせだったのですが、
できあがりは、意外に和風なイメージになりました。
こんな色の選び方もいいですね。

先生に疲れない消しゴムペンの使い方を教えていただきました。
コツをつかめた!と思ったら、また線が太くなってしまったりもあったけど、
1日目よりは感覚がつかめてきたような気がします。あとは練習あるのみ!




つぎは五芒星。
バランスのよい五芒星の描き方、ぼうっと輝くようにみえる描き方を教わりました。

描いているときは、黒まみれになって絵が濁ってしまうのではないかと慌ててしまいましたが、遠くからみると五芒星がぼうっと浮き出て、お気に入りの作品になりました^^


もっとこうできたらいいのに~という課題もでてきたけど、充実感いっぱいの時間をすごすことができました。

練習を積んで、さらにステップアップできたらいいなと思っています^^



2017年9月23日土曜日

曼荼羅アート

相模原のれー夢さんから、曼荼羅アートを習いました。今日は一日目。


初めての曼荼羅アート。


やさしいイメージの曼荼羅になりました。


2枚目


1枚目とは違う神秘的な曼荼羅になりました。


3枚目


ぼかしのテクニックなどを教えてもらいながら描いた3枚目。
花びら模様の重なりを描くのが楽しくなってきました。



時間を忘れるほど没頭してしまう曼荼羅アート。
充実感いっぱいの一日でした。
また次回のレッスンも楽しみです^^


2017年9月22日金曜日

大嶋信頼さんの『「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法』

友人からこの本オススメだよ~と、大嶋信頼さんの本を教えてもらいました。

さっそく『「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法』を購入して読みました。

不安からくる行動パターンや考え方が、まるで私の心の中を読んだかのようにそっくりで、そうそう!こんなこと思ってしまうんだよね~と思うことがたくさんありました。

他人への信頼感が強いのか弱いのかを確かめるのに「頭の中で”人間”をイメージする」という簡単な方法が載っていたのですが、他人への信頼感が強い人の場合は、現実にいるような「リアルな人間」がしっかり頭の中に浮かんでくるのに対して、信頼感の弱い人の場合は、リアルな人間の姿でなく、”別のもの”が浮かんでくるそうです。

私の場合は、人型はイメージできるのですが、リアルな人間ではなく影しかありませんでした。確かに腑に落ちます…

また本には、次から次へと嫌なことを考えてしまうとき、人の気持ちを考えすぎるとき、自信がないとき、集中できないとき、やる気が出ないとき、お金の不安があるときなどなど、不安を消す暗示の言葉がいくつか載せられています。

言葉だけで不安が解消されるのかしら?と思いながらも、やってみるとすーっと落ち着くのが不思議。

ふとしたことで心がもやもやするとき、どんな暗示の言葉が合うかなと試してみます。すっ~と心が落ち着いた言葉を繰りかえし頭の中で唱えていると、いつのまにかもやもやがはれて、ぐずぐずとひきずっていないことに気がつきました。これは使えそう!

そのほか、本を読んでなるほど~と思った箇所は、

・すぐ不安になる人は、不安から抜け出すために、他人の気持ちを考えたり、自分へのダメ出しをしたり、先のことを考えたりする。しかし、不安を自分で打ち消そうとするほど不安はふくらむ。

・自分のなかに不安があるのではなく、他人からうつることがある。目に見えない脳同士のつながりによって、無意識のうちに周囲の情報を交換している。
 相手の不安を「自分の不安」として認識してしまうと自分自身に対してネガティブな感情を抱きやすい。

しょっちゅう不安になって、こんなことばかり考えてはだめだ!と自分を責めてこともあったけど、自分だけの不安ではないかもしれない。と思うだけでもほっとします。

大嶋信頼さんの本は他にもたくさん出版されているようなので、他にも読んでみたいと思っています。




2017年8月6日日曜日

感情のエネルギーを感じてみる



友人と話をしていると、友人の知り合いが私たちに話しかけてきました。

友人とその知り合いが話しているときに、ぱっと忘れていた思い出が蘇りました。


小学校高学年の自分が父に一生懸命なにかを説明をしていました。

父はプロ野球中継だったか番組に意識がむいていて、見逃せない場面だったのか、私の話を遮りました。

私は話を途中で遮られたあと、黙ってご飯を食べていました。


忘れていましたが、こういう状況がけっこうよくあったなと思います。

そのときの行き場のないやるせない気持ち。怒り。悲しみ。

その気持ちを何年たっても覚えてるのだなと思いました。



自分で感情を感じ解放していく方法は、例えばEFTやRASなどたくさんあります。

最近よくやっているのは、感情のエネルギーを感じることです。


・思い出とともに、怒り・悲しみなどの感情を感じるとき、「自分は○○と感じているんだな」と感情から距離を置いてみます。

・起因となった出来事を横に置いてみます。

・「怒り」「悲しみ」という言葉も横に置いてみます。

・そうして、ただのエネルギーを感じます。


エネルギーを身体のどこかに感じるかもしれません。

私の場合は、のどの奥につまる感覚や胸がぎゅっと締め付けられたりする感覚を感じることがよくあります。

不快な感覚もあるかもしれませんが、ただ感じ続けます。

しばらくたつと、ふっと抜けていく感覚がします。


一度では解放できないこともあるかもしれません。

でも、あせらずに、感情がでてきたら抵抗せずに感じてみます。

時間がないときは、「自分は○○と感じているんだな」と感情から距離を置くだけでも
いいと思います。


思い出や、「怒り」「悲しみ」という言葉にどっぷり使っていると、なかなか抜けられません。

また、感じないようにしていても、感情はなくなったわけではなく、未消化の感情として残り続けます。

長年ネガティブな感情に抵抗してきたけど、今は腑に落ちてきて、感情を感じてみようと思うようになりました。
不快は不快なので、もういやだ!とたびたび思うときもありますけど(苦笑)


自分でやるのは難しいという方は、カウンセリングやヒーリングなどご自分にあったツールを利用するのもおすすめです。

ゼニスオメガやアクセスバーズも効果的なツールです。


日々のなかで落ち込んでしまうこともあるでしょう。

でも、どんな感情でも素直に感じてみることが大切だと今は思います。




2017年7月29日土曜日

ちょこっと水出し生活

ふと思いたって、ちょこっと水出し生活をしています。

きっかけは友人から砂糖を抜いたら心身の変化があったと聞いて私もやってみようかなと思い、いろいろと調べていたところ、「水毒」という言葉にピンときました。

自分に合うか合わないかはともかく、思いついたら試してみるのが好きなので、今回は水出し生活をしてみることにしました^^

『今日から水出し生活』(石原新菜著)によると、「水毒」とは身体にとりいれた水分が、多すぎたり、よけいな部分にたまってしまうと、むくみや冷えなど不調の原因となることをいいます。

この本にはいろいろな水出しのメソッドが紹介されていますが、私が今実践しているのは、次の項目です。

1)朝食にニンジンリンゴジュースを飲む
2)ショウガ紅茶を飲む
3)つねに腹巻をする
4)スクワットや運動をする
5)のどがかわくまで飲まない、お腹がすくまで食べない
6)シャワーではなく、湯船につかる。


1~6まで、できる範囲でゆるーい感じでやっています。


たとえばニンジンリンゴジュースはフレッシュジュースが作れればいいのですが、うちにはジューサーがないので、市販のニンジンジュースとリンゴジュースを混ぜて飲んでいます。


「水出し生活」を意識してやり始めて一週間ほどの変化はというと、

・お腹が温まり、トイレにいく回数が減っている

ショウガ紅茶は利尿作用があります。ショウガ紅茶を飲み続けると余分な水分は排出されるのでトイレの回数も多くなります。
私の場合はそれまでもコーヒーを飲んでばかりいたのでお腹が冷え、トイレにいってもまたすぎにトイレに行きたくなるのが悩みでしたが、ショウガ紅茶を飲んでお腹が温まるせいか、トイレに行く回数は以前よりも減った気がします。

・コーヒーを飲まなくなった。

「1日1度はコーヒーを飲まないと目が痛くなる。仕事モードの時は紅茶よりも絶対コーヒー!」だったのが、今はコーヒーを飲まなくてもよくなりました!
自分としては、すごく大きな変化です。さすがにコーヒーをやめて2日ぐらいは目が痛くて仕方がなかったのですが、今は隣でコーヒーを飲んでいる人がいても飲みたくならないのが不思議です。

・スクワットや運動をするようになった

もともと運動をすることは好きなのですが、一人では続けられずなにか続けられるスポーツはないかなと探していました。いまは、お風呂の前にスクワットと時間があれば30分ほどウォーキングをしています。一人では続けられないというのも思い込みだったのかもしれません。
いつまで続けられるかわかりませんが(笑)、やっぱり運動をしたあとは気持ちがいいなと感じます。

これからまたどんな心身の変化があるのか、もう少し続けてみます♪


本には、「水は1日2リットルも必要ない」「ヘルシーなくだものも水太りの原因になる」など、美容や健康のためにはよいとされていたことが、実はむくみや冷えの原因になるということが書かれており、いろいろな考え方があるのだなと思いました。

昔から常識とされているようなことが、今ではむしろやめたほうがいい方法になっていたり、世の中本当にたくさんの情報がありますが、実際に自分で試してみて、自分に合った方法を生活に取りいれていければいいなと思います。



2017年6月11日日曜日

野草入り酵素作りのイベントレポート その2

酵素ジュースを毎日飲みはじめて、いろいろと心身の変化を感じています。

例えば、以前はコーヒーが大好きで一日に4、5杯飲んでいたのが、1、2杯に落ちついています。その分、水を飲むようになりました。

それから、困った症状は手のひらの荒れがでてきたことです。
最近は症状が落ち着いていたのにまたでてきました。原因はいろいろあるとは思うのですが、たぶんPCやスマホの電磁波のせいかなと思っています。

身体に合わないものにたいして、ストレートに症状になって現れてきたなと感じます。



さて、野草入り酵素作りのイベントレポートの続きです。

酵素づくりのイベント会場のピラミッドセンターでのひとときは、本当に癒しの時間でした。


あつみさんのごはんはおいしいよ~と、萬夕さんや以前参加した方から教えてもらっていたのですが、本当においしかったです!



新鮮な野菜をふんだんに使って、野菜本来の味を生かす味付けでした。

ドレッシングや漬物に酵素を活用していて、こんな使い方ができるんだと感心。

酵素玄米が大好きで、毎食おかわりをしてしまいました^^

車麩をあげたものもおいしくて、つくり方を教えてもらい家で何度も作っています。


翌朝はパンをいただきました。
こちらのパンは、パン屋をしているあつみさんの息子さんが焼いたパンです。
おいしい!



菊芋のスープが滋味な味で、みんなでおいしいね!といいながらいただきました。


翌朝は、みんなで近くの川辺にいきました。



川にいく途中で目に入ってきたのは、野草たちです。

前日の大雨で水をたっぷりと含み、朝日を浴びながら元気よくシャキッと立っている姿はとても印象深かったです。

雨が降ったからこそ見ることができた景色でした。


ピラミッドセンターのことは、今回のイベントに参加する前から知っていました。

植林ボランティアに興味があっていろいろ調べていたら、友人がこんなイベントがあるよと「大地の再生講座」のことを教えてくれて、それがきっかけでピラミッドセンターのことを知りました。

そのことをあつみさんにいったら、"水と空気の通り道"のことを教えてくれました。

昔は土の中に水と空気の通り道があったけれど、現在はコンクリートなどで道が塞がれて
しまっている。土地に水と空気の通り道をつくると、土が呼吸をすることができ、植物にもいい影響を与えてくれる。

そういえば野草摘みの時に、地面が平坦ではなくデコボコとしていていたなと気がつきました。

水と空気の通り道をつくることで、植物の様子も変わってきたそうです。


これって、自分の住まいにもいえることなのかもと思いました。

住まいに風通しのよい通り道をつくると、留まっていたエネルギーが流れていき、もっとすがすがしい気持ちで生活できるのではないかなと。

うちはせまいのですが、思いだしたときに短時間でも窓とドアを開けて、風の通り道をつくるようにしています。


この二日間で、心身ともにリフレッシュできました。

たくさんのことを思い出し、たくさんの新しい発見をしたひとときでした。

また自然にふれにこよう!と心に決めて、家路へとつきました^^

2017年6月5日月曜日

野草入り酵素作りのイベントレポート その1

 
先日、いつもお世話になっている萬夕さんが主催するあつみさんに教わる酵素作りとピラミッドでヒプノvol.4に参加しました。

酵素ジュースの存在は知ってはいたものの、最初は酵素作りにそれほど興味はなかったのですが、萬夕さんのブログにもかいてある「自分のエネルギーを酵素に入れていき、自分の情報を覚えてもらって、自分にとって必要な酵素に育っていただく」という言葉に惹かれ参加することにしました。信じる信じないは自由ですが、私にはピンときました^^


当日はあいにくの雨。そんななか、野草摘みがスタートしました。

摘み取る前に摘ませてね~と心のなかで呟やきながら摘んでいたのですが、摘もうとすると抵抗を感じる草花もあって、そんなときはちがうのかなと思ったり、快く摘ませてくれる草花もあったり、気が付いたら雨も気にせず夢中になっていました。


摘み終わったらいよいよ酵素作りです。

野草のほか、リンゴやオレンジ、ビーツ、菊芋などの材料を切って、
瓶のなかに砂糖と交互にいれていきます。




途中で材料が入りきらなくなってしまいましたが、時間がたつと砂糖がとけて
全部はいりました。

最後に麹と砂糖で蓋をします。
手で混ぜるのは翌日から。楽しみ~♪



次の日の酵素の様子。



ビーツの色が溶けてきれいな色がでてきました。

匂いは、野草が多めだったので青菜の浅漬けのような匂いがしました。


いよいよ手で混ぜます。

手で右回りに回しながら、まんべんなくかき混ぜます。

右回りに回すと情報をいれる、左回りに回すと情報をだすという
考え方で、右回りにかき混ぜながら、自分のエネルギーを酵素に伝えていきます。

想いも込めながら、しっかりと砂糖と材料を混ぜましたよ♪


毎日1~2回手で混ぜていき、10日ほどで酵素ジュースができあがるとのことでした。


一週間ほどは野草&野菜・果実たちは、砂糖に浸かってもったりとした感じでした。



一週間後、泡がぷくぷくとでてきて具材が持ちあがり下に液体がたまるようになったので、濾してみると、約2Lほどの酵素ジュースができました。



色はイチゴジャムのような色で、匂いはあいかわらず青菜のような匂いがします。

水や炭酸で割ると、ローズクオーツのような色になってきれいです。


濾した後の野草&野菜・果物は、お風呂にいれると肌がしっとりとしたり、米酢にいれて酵素液をつくり、その液をつかって野菜を漬けたりと、本当に余すところなく使えます。豆乳にいれるとヨーグルトにもなるそうですよ。


酵素ジュースは毎日飲んでいると、朝むくみがとれているような気がするのと、以前から気になっていた皮膚の疾患が改善しつつあるのがうれしいです^^
(それぞれ効用は個人差があると思います。)

それから心身ともに好転反応?と思うような症状もでたりしましたが、食生活や生活スタイルを見直そうと思うきっかけになりました。


野草入り酵素ジュース作り。
パン作りなど、発酵する過程をみるのが大好きな私としては、とっても楽しい作業でした。
野草を摘むところからはじまり、酵素とコミュニケーションをとりながら酵素ジュースができあがっていく過程や、酵素を飲み始めてからも、心身の変化を発見したり、濾した後の具材も余すところなく様々なことに利用できる楽しさがあったり、まだまだお楽しみは続いている感じです♪

また機会があったら作ってみたいです♪

酵素ジュース。ハーダンガー刺繍とともに